溶存水素とは?



水の中に水素が溶けて存在することで、その濃度は「ppm」「ppb」で表現される

 水素水の性能はある程度「溶存水素」濃度で判断できる
(液体への水素飽和濃度は限度1.6ppm

    (液体)1ppm=1リットル溶液に0.001g(1mg)の水素分子を含む濃度
    (気体)1ppm=1リットルの気体に0.000000001gの水素ガス(分子状水素)を含む濃度

尚、水素水商品で「水素溶存濃度ppm」をカタログ表示することは「薬事法」違反となっています






戻る