活性酸素が原因と思われる病気は?


病気発症と活性酸素

  病原菌撃退のため白血球が活性酸素を利用し撃退する。
  感染症などにかかると白血球が増え、活性酸素も増る.

  消化器系  胃潰瘍、逆流性食道炎、肝炎、肝硬変

  循環器系  心筋梗塞、狭心症

  脳神経系  脳梗塞、脳出血、パーキンソン病

  内分泌系  糖尿病

  呼吸器系  肺炎、気管支喘息

  その他    悪性腫瘍(癌)、関節リューマチ、白血病、歯周病、アトピー性皮膚炎、 白内障

  活性酸素は特に眼に多く発生しやすいといわれています。




戻る